キウォフプラス犬用50mg + 144mg +150mg 20錠

サーヴァヘルスケア/SAVA Healthcare Limited

キウォフプラス犬用50mg + 144mg +150mg 20錠
価格
2,678 (税込) 獲得可能ポイント : 26 pt
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

キウォフプラス犬用50mg + 144mg +150mg 20錠の商品説明

キウォフプラス犬用はドロンタールプラスのジェネリック医薬品です。

キウォフプラス犬用はどんなお薬?

  • キウォフプラスは4種類の虫を駆除できるので、寄生虫に起因する病気の発症を防ぐことができます。
  • キウォフプラスは犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫、瓜実条虫を駆除してくれる製品となります
  • 条虫・吸虫駆除に優れたプラジクアンテルと、線虫駆除に優れたパモ酸ピランテル及びフェバンテルを配合しています。
  • 相乗的な駆除力と幅広い駆虫スペクトルでペットの腸内寄生虫を一掃します。
  • 大切な愛犬に寄生した寄生虫(線虫類・条虫類)を駆除して、産卵前の未成熟な寄生虫をも駆除するなど幅広い効果が期待できます。

キウォフプラス犬用50mgの使用方法

必ず獣医師の指導のもとご使用ください。

  • 2週齢未満、体重500g未満の子犬には使用できませんのでご注意下さい。
  • 妊娠中や授乳中の母犬には使用できませんのでご注意下さい。
  • パモ酸ピランテルはピペラジンと互いに拮抗するので併用は避けてください。
  • 必ず獣医師の指導のもとご使用ください。 子猫の場合は、6週令~2週間ごとに、12週まで使用します。
用量の目安
体重 投与量
0.5~2.5kg未満 1/4錠
2.6~5.0kg未満 1/2錠
5.1~10.0kg未満 1錠
10.1~20.0kg未満 2錠
0.5~2.5kg未満 1/4錠
20.1~30.0kg未満 3錠
30.1~40.0kg未満 4錠
定期駆虫スケジュール
生後2週間~3ヶ月(猫は6週間目から) 2週間おきに1回
生後3ヶ月~6ヶ月 月に1回
生後6ヶ月以降 3ヶ月に1回(年4回)

キウォフプラス犬用50mg を使用する上での注意点

  • 必ず獣医師の指示に従って使用して下さい。
  • 妊娠中の母猫や生後5週令に満たない子猫への使用はできないので、ご注意ください。
  • 病気や持病、怪我をしている愛猫に与えたい場合はしっかりと獣医師に相談・確認してからご使用下さい。

キウォフプラス犬用50mg + 144mg +150mg 20錠の有効成分と容量

形式 チュアブルタイプ
有効成分 Praziquantel(プラジカンテル)50mg、Pyrantel Pamoate(パモ酸ピランテル)144mg、Febantel(フェバンテル)150mg
容量 20錠

キウォフプラス犬用50mg + 144mg +150mg 20錠の商品レビュー(口コミ・評価)

キウォフプラス犬用50mg + 144mg +150mg 20錠に対するご感想をぜひお寄せください。

 レビューを書く
  • ★★★★

    3か月に1回でフィラリア予防ができるので、長い効果が続きますので
    寄生虫も同時に駆除できますのでとても助かっています。

  • ★★★★★


    ジェネリック医薬品をネットで探していました
    キウォフプラスは安くてすぐ届きますので。購入を続けています

  • ★★★★

    愛犬はとても体をかきむしったりしていましたが、投与してからはすっかり良くなり
    この薬は効果大です!!
    ジェネリック医薬品ということもありお安く購入できますのでおすすめです。

  • ★★★★★

    うちの愛犬に回虫が潜んでいました。お医者さんに診てもらったところこちらのお薬を勧められました。フィラリア予防と寄生虫予防ができて助かっています。これからも購入していきます。

  • ★★★★

    産卵前の寄生虫まで幅広く駆除してくれるこのお薬は愛犬にかかせません。以前まで病院に通っていましたがネットで買うほうが安くすみますので愛用しています

  • ★★★★

    一度購入するだけで長い期間使用できます。ジェネリック医薬品なので1回あたりの投与が安く済みます。定期的に使っていきます。

  • ★★★★

    薬を使用して2か月経ちます。3か月に1回で良いのでとても楽です。昔に比べてかゆくなくなったようで、駆除が成功しているみたいです。効果がかなり出てきていてとてもいい感じです。

今月のおすすめ商品